« 熊よけ鈴 | トップページ | FUEL BOTTLE »

2010年4月11日 (日)

剣が峰(360m)と浅間山(344m)

先月走った朝日峠周辺の未踏ルートの調査にまた行ってきました。

小町の里をスタートして剣が峰までは途中からシングルトラックで登ります。

2009923_004

半分ぐらいは乗車で行けますが、取り付きと剣が峰手前の最後の登りは押しが入りました。

2009923_006

息を切らせて剣が峰に到着です。↓

007

剣が峰からは快適なシングルトラックを走ってA峠を目指します。

012_2

A峠からは筑波山の双子峰が望めます。

018_2

A峠から少々上り返すと浅間山分岐に到達します。

2009923_019

いつもですと尾根伝いに直進するのですが、今日は浅間山を目指します。古くから信仰の山として地元の人に愛されている山のようです。しかし、この登りが思いのほかきつく、押しで登ると少々ウエットコンディションの登山道は結構すべるので、途中から担ぎました。

2009923_021 

山頂にはテレビ中継所のアンテナと浅間神社の祠?があり、眺望はありませんが静かで好ましい雰囲気でした。

2009923_022_2

ここから今日のメインである北側に下るシングルトラックに入ります、途中二度ほど登り返しがある以外は県道に出るまでずっと乗って下れました。

2009923_025

ただ、指導標のようなものはまったくなく、ところどころ木に巻かれたテープが目印となります。県道に出る手前は土のダブルトラックとなりました。

2009923_027

県道を少し走って、途中からA峠に上り返します。浅間山がよく見える場所がありました。標高の割りに大変立派な山容で信仰の山であることがなんとなくうなずけます。

2009923_028

A峠から尾根を若干登り返して、今度は北側を朝日峠に向かってトラバースする林道を走ります。ここを走るのも初めてです。

2009923_031

天気が悪いので眺望はありませんでしたが、晴れていれば筑波山がよく見えるだろうなといった場所がいくつかありました。

2009923_032

スカイラインに出て朝日峠展望所から小町の里へシングルトラックを下りました。

2009923_035

岩がちの場所は湿っていてスリップするので押して下りましたが、それを過ぎれば快適に乗って下ることができます。

6時半に小町の里をスタートして戻ったのが9時20分ですから3時間弱でした。

里山の山サイを楽しむ際はできるだけ早朝に走ることを心がけています。今日も小町の里への下りで地元の方に1名お会いしただけでした。スムーズな山サイにはそんな心がけも必要なのではないかと思っています。

2009923_036

小町の里の桜です。↓

2009923_037

今回のコース図です。

2010411

|

« 熊よけ鈴 | トップページ | FUEL BOTTLE »

MTBツーリング」カテゴリの記事

茨城の山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剣が峰(360m)と浅間山(344m):

« 熊よけ鈴 | トップページ | FUEL BOTTLE »