« 「無情な天気予報」 | トップページ | 「つつじと新緑」 »

2012年4月30日 (月)

「曇り空の下 筑波山に登る」

ゴールデンウイーク前半の三連休の初日と二日目は、好天に恵まれながら家庭の事情と仕事の関係で出かけることができませんでした。

後半四連休も初日の3日に北アルプスに残雪の山を楽しみに出かけようと思っていたところ、こちらも天気が悪そうで、その後は仕事の予定も入っているため、このままいくとどこへも行かずじまいとなりかねません。

そこで本日、天気は曇り空ですが、ホームグラウンドの筑波山に登ってくることにしました。

コースは薬王院コースです。薬王院の少し先の駐車スペースに車を停めて7時半前には出発しました。

001_3
駐車場の向かい側が登山口となっています。

002_2
尾根に取り付くと色鮮やかな新緑が迎えてくれます。天気は曇り空なるも出かけてきてよかった・・・。

004
山吹色です。

007_3
林道に出るとその後は階段上りが待っています。

012_2
スミレの花も頑張って咲いています。

013_2
この強烈な階段上りは効きました。

015_2
018
名前がわからないのが残念です。調査結果「ミヤマシキミ」というらしい・・・。

023_2
階段上りが終わるとやっと比較的フラットなトレイルとなります。

024
新緑の向こうには山頂のテレビアンテナが見えています。

026
山桜がまだ咲いています。

027
道標がリニューアルされたようです。

031
自然研究路も緑でいっぱいです。

032
今月はじめに筑波山に登ったときに女体山下のカタクリが蕾をつけていたので、もうカタクリの花はとっくに終わっているものと思っていたのですが、このとおりです。

035
御幸ヶ原も天気が悪いせいか時間が遅い割には人影はまばらです。

036
八郷盆地の眺めもいまひとつ・・・。

037
セオリーどうり、まずは男体山から・・・。

039
参拝後女体山を目指します。山頂神社とロープウェイ駅が見えています。

041
ケーブルカーの警音器の音が聞こえていましたが登山客はまばらです。天気が悪いせいからでしょうか。

042_2
女体山でも二礼二拍手一礼の作法で参拝します。

043
いつものポイントで撮影しました。

044
山頂からの展望も今日はぱっとしません。

045_3
一等三角点です。

046
下山はカタクリの花を期待して、その群落がある筑波高原キャンプ場経由としました。

047
予想どうり、まだまだたくさんのカタクリが咲いていました。

049
051
色鮮やかな新緑に目を奪われます。

054
またまたカタクリです。

055
またまた緑のシャワーです。

057
春の森には躍動感があるような気がします。

058
タチツボスミレでしょうか。

059
筑波高原キャンプ場の山桜は少々ピークを過ぎてしまったようです。

060
キャンプ場は5月からということで静まり返っています。

061
林道を薬王院への山道の分岐までせっせと歩きます。途中の沢筋にはニリンソウの群落がありました。

064
林道歩きも変化があって苦になりません。

069

緑が素晴らしい。曇天なのが残念ですが、それでも気分爽快です。

070
071
薬王院近くの駐車場に無事に帰還しました。今日は天候がいまひとつでしたが、カタクリを中心とした春の花と鮮やかな新緑が楽しめて、すっかりリフレッシュできました。

074
筑波山の山頂は雲がかかりそうです・・・。

075

※ 今日のコース図と高低図です。

H24430

H24430_2 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 「無情な天気予報」 | トップページ | 「つつじと新緑」 »

山歩き」カテゴリの記事

茨城の山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「曇り空の下 筑波山に登る」:

« 「無情な天気予報」 | トップページ | 「つつじと新緑」 »