« 「平標山・仙ノ倉山に登る」 | トップページ | 「両神山に登る」 »

2012年10月16日 (火)

「日光・高山に登る」

本日は、平日の貴重な休みを活かして日光の高山に登ってきました。
いろは坂は渋滞もなく順調に登ることができたのですが、竜頭の滝の駐車場は滝上も滝下も満車・・・それでも少しの待ち時間で無事に滝上の駐車場に車を入れることができました。
高山は人気のあまりない静かな山かと思っていたのですが、平日にもかかわらず7人の登山者の方とお会いしました。

天気はこれ以上ないという晴天です。竜頭の滝も平日とは思えない人出となっていました。

001_3
アカがことのほか映えています。

002_4
周囲の山の色づきも進んでいます。

006
なかなか去りがたいところですが、そろそろ出発しないといけません。

004
高山への指導標です。

008_4
男体山です。

009_2
登山道の取り付きには立派な案内板が設置されています。「熊出没注意」とありますが、出発と同時に熊鈴をトレッキングポールにセット済みです。

010_3
しばらくは北面をトラバース気味に登っていきます。

013_2
尾根筋に出ると明るくなります。

015_3

018_3
陽が差すと木々の色づきも一層艶やかに映ります。

022_3
中禅寺湖を見下ろすと遊覧船が浮かんでいます。

024_3
「秋」です・・・。

025
登りの途中で振り返ると男体山が見えています。

028
こちらは戦場ヶ原です。

029_2
高山山頂到着です。先行者がご夫婦一組、ソロお一人おられました。休憩中に途中追い越した方が到着しました。展望はないものの静かな好ましい山頂でした。

031
南面は草地になっていて明るい雰囲気です。

033
昼食はこちらです。

034
空の青さも目に染みるようです。

037
こんな看板もありました。

038
昼食後、小田代ヶ原への案内標識に従って下山開始です。

039_4
下りは急な部分もあり、躓いたりしないように注意しつつ下ります。

040
要所には指導標も立っています。

041_3
明るい好ましい雰囲気です。

042
おっと登山道のど真ん中に猿君が陣取っています。声を掛けてもこちらを見るだけでいっこうに動こうとしないので、こちらが迂回しました。

043
それにしても良い天気です。

044
猿の群れが尾根を乗り越して行ったのでズームで狙ってみました。

046
小田代ヶ原への分岐には立派な指導標があります。

047
梢ごしに見えているのは太郎山でしょうか・・・。

048_2
美しい・・・。

049
白樺林が素晴らしい。

055

056_2
振り返ると高山が聳えています。

058
黄色も美しい。

060
柳沢林道に出ました。

061
林道沿いも色彩豊かな紅葉です。

063

064
小田代ヶ原の入口です。ここまで来ると軽装の観光客の姿が多くなります。

065
鹿避けゲートを通ります。

066
素晴らしい景観です。

067
茶色に見えているのが小田代ヶ原です。

068
ずっとこんな林間の遊歩道を辿っていきます。

069_2

070
今日は紅葉狩りには絶好の日和です。

071
戦場ヶ原展望台です。2月にスノーシューで訪れた時には誰もおらず、何も見えませんでした・・・。

072_2
今日は多くのハイカーが休憩中です。

073
そしてこの紅葉と

075_4
太郎山の勇姿です。

074_2
その後も素晴らしい紅葉の中を歩きます。

076

079

080

081
赤沼の分岐を通過します。

082

083

084
舗装林道を横断します。まだまだ紅葉の遊歩道が続きます。

086
湯川の流れです。

087
黄金色・・・。

089
竜頭の滝上の車道に戻ってきました。

090_3
男体山がまだまだくっきりと見えています。

091
竜頭の滝を最後に一枚・・・。

092_5
無事に車に戻ってやしおの湯で汗を流して帰路につきました。

121016_143156
平日狙いで出掛けてきたわけですが、最高の天気と色とりどりの紅葉を堪能した素晴らしい一日でした。


※ 今日のルート図と高低図です。

H241016

H241016_2
 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 「平標山・仙ノ倉山に登る」 | トップページ | 「両神山に登る」 »

山歩き」カテゴリの記事

日光」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日光・高山に登る」:

« 「平標山・仙ノ倉山に登る」 | トップページ | 「両神山に登る」 »