« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の2件の記事

2013年6月25日 (火)

「奥鬼怒・鬼怒沼に登る」

今日は以前から一度行ってみたいと思っていた「鬼怒沼」に登ってきました。
天気は曇りで今ひとつでしたが、まとまった雨に降られることもなく美しい風景を目に焼き付けることができ、満足できました。

前日に奥鬼怒四湯のひとつ「加仁湯」に宿泊しました。

Cimg0039
10年近く前に「八丁の湯」のログハウスには泊ったことがあるのですが、こちらは正真正銘の旅館といった趣です。
温泉は言わずもがなではありますが、源泉掛け流しの素晴らしいお湯でした。

二日目は7時に朝食をいただき、お願いしてあったお昼のおにぎり弁当をザックに入れて7時半には出発しました。

オロオソロシの滝の展望台で小休止します。

Cimg0078_2

Cimg0043
地形図を見ても鬼怒沼の台地の端っこに辿りに着くまでは等高線の間隔の詰まったきつい登りですが、体感としてもそのとおりでした。

Cimg0044
鬼怒沼の中心部に到着です。加仁湯出発からちょうど2時間でした。

Cimg0051
さっき朝ごはんを食べたばかりのような気もしますが、ここで下りに備えて腹ごしらえします。

Cimg0048
天候はいまひとつですが、鬼怒沼の全景が見渡せますので「よし」としなければなりません。

Cimg0052
まったく人気のない静寂な山上湿原が広がっています。

Cimg0054
Cimg0056
沼の入り口にはチングルマの群落がありました。

Cimg0060
イワカガミがあちこちに咲いています。

Cimg0061

Cimg0066_2
これはヒメシャクナゲでしょうか・・・。

Cimg0065
コバイケイソウでしょうか。まわりにある白い果穂はワタスゲです。昨夜の雨でつぶれてしまっています。

Cimg0067
チングルマです。

Cimg0069
あちこちに点在する池塘も見事です。

Cimg0064
昨夜同宿だった20人弱の団体さんが到着しました。

Cimg0071
晴れていればもっと素晴らしいのでしょうが、大いに満足できました。ただ、花はこれからが本番という感じで、やや時期が早かったかもしれません。

Cimg0076
Cimg0077
沼に滞在している時にポツポツと雨が落ちてきましたが、カッパを着用するほどではありませんでした。
下山は登りの辛さがうそのように快調に下ります。こちらの写真は、小休止した丸沼の分岐です。

Cimg0079
下りついた日光沢温泉の裏手にはクリンソウの群落がありました。

Cimg0080

クリンソウは今シーズン日光に見に行きたいと思っていて、時期を失してしまったので、思わぬところで見れてラッキーでした。

Cimg0081
風情のある建物です。

Cimg0082
加仁湯にはお昼ちょうどに帰還しました。宿の方のご厚意に甘えて温泉につかって汗を流し、バスを待つ間に祝杯をあげます。

Cimg0084
まったりとした時間を過ごしてマイクロバスに乗り込みお世話になった加仁湯を後にしました。

Cimg0085
鬼怒沼も素晴らしかったですが、宿の加仁湯のもてなしも素晴らしく、充実した2日間を過ごすことができました。
奥鬼怒四湯・・・残すは日光澤温泉と手白澤温泉ですが、いずれ機会を作って是非とも訪れたいと思います。

P.S. 痛めていたふくらはぎが気がかりでしたが、登りも下りもOKでまずは一安心でした。



※ 今日のコース図と高低図です。

2013625
2013625_2

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

「上高地を歩く」

今日は、昨年に続いて細君とC社のツアーで上高地に行ってきました。
まずまずの天気に恵まれて上高地の空気にすっかり癒されてきました。

今回は渋滞回避のため新宿から松本まではスーパーあずさでの往復プランです。
朝7時に新宿を出るあずさは指定席車両まで立っている乗客が出るほどの混雑ぶりでした。
それでも松本には予定どおり到着してツアー会社のチャーターバスで上高地に向かいます。上高地バスターミナルには11時半過ぎの到着となりました。

バス停から梓川河畔の遊歩道に出ると岳沢が出迎えてくれます。残念ながら奥穂や吊尾根は雲の中です。それでも日差しの注ぐハイキング日和です。

Dscf0012
あちこちでコナシの花が満開です。

Dscf0014
一昨年の9月に20数年ぶりに上高地を訪れてから、今日で4回目ですが、穂高が稜線まで姿を見せてくれたのは一度だけです。

Dscf0015
河童橋でカッパコロッケを食しました。

Dscf0016
観光客でにぎわう河童橋です。

Dscf0017
梓川の清流が素晴らしい。

Dscf0018
焼岳はすっきりと姿を見せてくれています。

Dscf0019
こちらは明神岳です。

Dscf0021
川面を写すとこんな感じです。

Dscf0022
Dscf0024
六百山の岩稜も迫力があります。

Dscf0025
西糸屋でお昼にしました。一昨年の9月はここでお蕎麦をいただきましたが、今日はカレーにしてみました。驚くほどのボリュームで細君も私も残してしまいました。
恥ずかしいことにここの食堂の段差でやっと本調子になりつつあったふくらはぎを、また少々痛めてしまいました。
西糸屋さんのフロントで「冷えピタ」をいただいて何とか凌ぐことができました。テーピングしてくればよかった('_')。

Dscf0026
食後明神池を目指します。梓川の右岸のビューポイントからの岳沢の眺めです。なかなかの絶景です。
右岸ルートは初めてでしたが、大変変化に富んだ楽しい道でした。

Dscf0027
こちらは明神岳です。

Dscf0029
樹間からこんな清流が望めます。

Dscf0030
「ひゃー冷たい!」

Dscf0031
こんな開けた場所もあります。

Dscf0032
レンゲツツジでしょうか・・・。

Dscf0033
いやあ風情があります。

Dscf0034
なかなかの眺めです。

Dscf0035
明神岳に向かって木道を進んでいきます。

Dscf0036
水と光の織りなすシンフォニーと言ったところでしょうか。

Dscf0037
Dscf0038
雪解け水なのか水量豊富です。

Dscf0041
Dscf0042
さてこの花は・・・(調査中)。「ラショウモンカズラ」でしょうか・・・。む

Dscf0043
ニリンソウもあちらこちらで見ることができます。やや時期を過ぎてしまった感がありますが・・・。

Dscf0044
振り返ると焼岳が立派です。

Dscf0045
明神池が近づいてきました。

Dscf0046
美しい・・・。

Dscf0047
Dscf0048
明神岳も近づいてきます。

Dscf0050
遊歩道はよく整備されています。

Dscf0051
梓川の河畔に出ると明神池の分岐となります。

Dscf0052
鳥居をくぐって・・・。

Dscf0053
到着です。昨年は雨でしたが、今日は日差しがあります。

Dscf0054
神様が降臨する池というのもうなづける美しさです。

Dscf0055
Dscf0056
拝観料を収めるのもこの景観維持のためには必要かな・・・と。

Dscf0058
明神岳に抱かれているといった感じです。

Dscf0059
Dscf0060
Dscf0061
こちらは二之池です・・・。

Dscf0062
Dscf0063
紅葉の時期にも是非訪れたいポイントです。

Dscf0064
美しい景観に癒された後は嘉門次小屋で大休止としました。まずは晴天に感謝してビールで乾杯です。

Dscf0067
イワナの塩焼きです。

Dscf0068
嘉門次のレリーフがあります。

Dscf0070_4
休憩後はのんびりと河童橋へと戻ります。
さてこの花は・・・。

Dscf0071
ニリンソウです。去年より花が少ない感じです。

Dscf0077
途中の清流に40㎝はあろうかというイワナ君が優雅に泳いでいました。

Dscf0078
新緑の緑が目に沁みます。

Dscf0079
小梨平キャンプ場まで来ると、炊事場のところにサル君が座っていました。観光客に餌付けされてしまったのかもしれません・・・。

Dscf0080
Dscf0081
ニリンソウも見納めです。

Dscf0085
ビジターセンター周辺ではコナシの花が満開となっています。

Dscf0087
川底に藻?がびっしり・・・。

Dscf0091
河童橋まで戻ってきました。六百山が迫力をもって聳え立ちます。

Dscf0094
本日の見納めです。次回はいつ来れるか・・・。

Dscf0095
ソフトクリームで締めました。

Dscf0097
バスターミナル上空は青空が広がっています。

Dscf0100

一昨年から細君と毎年訪れている上高地ですが、その景観は飽きることがありません。今回はできれば徳沢まで足を延ばしたいと思っていたのですが、足を痛めてしまったこともあり見送らざるを得ませんでした。
明神池からの帰り道、「小梨平キャンプ場にテントを張って上高地をゆっくり楽しむのもいいかも・・・」と細君に水を向けると・・・「泊るんだったら帝国ホテルでしょ!」というお答えでした(-.-)。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »